カテゴリ:マテリアル( 6 )

湖氷の上に咲くロマンティック

ルネ・ラリックを連想させるような美しい彫りが施されたVintageのCasketの上にアクアマリンのパーツを置いてみると、ファインダー越しには湖氷の上に咲く美しいお花のようにロマンティックな姿に映りました。
c0138664_1634943.jpg

[PR]
by soleil_beads | 2016-01-14 16:07 | マテリアル

美しすぎるカボション

あまりにもの美しさに一目惚れをして連れて帰って来たカボション。
一般的には台座にはめて使いますが、穴が開いていないタイプなので何年もアトリエの片隅に眠っていました。カボション・カット(cabochon cut)とは、宝石のカット法の一つで石を丸い山形に整えて研磨し、光の反射ではなく石そのものの光沢や文様を生かすカットの方法です。
「カボション」は中世フランス語で「頭」を意味し、主に翡翠や宝石などに施されますがガラスの世界にも存在しました。そんな魅了された1粒を、そろそろ眠りから起こそうかとイマジネーションが膨らみ始めています。どのように変身するか…お楽しみに。
c0138664_11173751.jpg

[PR]
by soleil_beads | 2015-04-15 11:18 | マテリアル

Vintage Sapphire Blue

1950年代頃のサファイアブルーのエレメント。
透明度が増すように計算された裏表にアシンメトリーな角度が付いた1粒のガラスで、穴が開いているわけではないので、つなぐことは出来ません。およそ60年以上も前に、このパーツは何に使われるために作られたのでしょうね・・・。久しぶりに手に取り、ただぼんやりと頭の中にあるイメージを少しずつ形に変えて行く楽しみ。完成はいつになるか分かりませんが、どのような姿に変化をして行くか・・・インスピレーションに委ねてみます。
c0138664_1201946.jpg

[PR]
by soleil_beads | 2013-11-10 12:00 | マテリアル

ティージュ

儚げな魅力が切ないほど愛おしく、時を経ても輝き続けている一つ一つのティージュたち。
ティージュとは・・・、職人が手仕事で一つ一つ針金の先にガラスを巻きつけて作られた物で、フランス語では「茎」を意味します。こちらは1900's~1920's 頃の物ですが、薔薇やスズラン、チュ-リップなど…可憐な花々を象ったものは、ブーケを誂えるように、ビジューを仕立てる愉しさがあるのも魅力…。葉や花ばかりでなく、鳥や果実、ボタンのようなフォルムのものなど、ティージュには限りなく様々な種類が存在します。
そ~っと、そのままにしておきたい気持ちと、現代に目覚めさしてあげたい気持ち・・・、様々な気持ちの葛藤に揺れ動きながら、愛おしいものに触れる…。私にとって、かけがえのない時間が流れます。
c0138664_1940571.jpg

[PR]
by soleil_beads | 2013-09-28 19:40 | マテリアル

Saphireen Glass

Saphireen Glassとは・・・、19世紀中頃チェコスロバキアのヤブロネッツで作られ始めた見る角度によってブルーのフラッシュが入り、茶色又はピンクがかった微妙な色合いのガラスです。
その製法は、はっきりと分かっておらず謎が多いのですが、コバルトやサファイア色をベースに金など入れたり、砒素などの混合物でその魅惑的な色を出しているようです。コスチュームジュエリーの材料や宝石箱、手鏡やフレーム、スプーンなど小物の飾りにも用いられています。
カットされた光沢のある物や、つや消し加工された物までバラエティに富んだデザインが多く、ヨーロッパやアメリカでも 大変人気の高いコレクターズアイテムになっています。
クリスティーズなどのオークションでは「ウ゛ィクトリアン・ガラス」と呼ばれておりビーズやルースなど、素材として残っているものもありますが極めて少なく、現在では非常に希少な過去の財産です。
c0138664_2011870.jpg

[PR]
by soleil_beads | 2013-02-25 20:11 | マテリアル

Chaton

長い眠りについていた美しきものたちの、静かな煌めき…。
爪で留められたパーツをパリではchaton”と呼びますが、ジュエリー用語で石留めを意味するシャトンは、フランス語の子猫を意味する"chaton"と同じ…。小さな可愛い爪から名付けられたのでしょうか?画像はオパール加工が施された1800年代頃の"シャトン・ローズ"など貴重な物ばかりですが、色は問わずカットの形からそう呼ばれています。
c0138664_93455100.jpg

[PR]
by soleil_beads | 2013-02-24 09:36 | マテリアル