Nostalgia ~昔懐かしい~

1900年代前半に活躍したコスチュームジュエリーの巨匠 (コスチュームジュエリーとは、貴金属や宝石以外から作られたジュエリーを言います。) ミリハム・ハスケルやバグラーの作品の様にかつてはシードビーズ(丸小)を施したパーツを大小、重ねたりリーフのメタルパーツは装飾としてだけではなく、ラインストーンなどを留め付ける役割をしたり・・・と、アシメトリーでありながら360度どこから見ても完璧で華やかな雰囲気のアクセサリーが人気を確立しました。この【Nostalgia】には、スワロフスキーのVintageラインストーンを始め、1800年代頃の「Ca Late」と呼ばれているスクエアのラインストーンやオパール加工がされたラインストーン、1900年代頃のテージュ(針金の先に職人が手仕事でガラスを巻きつけた物)、磨りガラスの様な葉、大きなカットガラスなど・・・、時を経ても輝き続けている一つ一つを使用して当時のコスチュームジュエリーの作り方を私なりに再現させてみました。貴重な素材ばかりを使用して、100年ぐらい前のコスチュームジュエリーの世界を楽しんで頂けたらと思います。キットを御希望の方はオンラインショップで御案内をしております。
Nostalgia

c0138664_11163757.jpg

[PR]
# by soleil_beads | 2010-11-04 11:10 | Collection

今回出逢ったBijouxたち

c0138664_2023456.jpg
毎回、買い付けの時にはどんなものに出逢えるか、とても楽しみにしています。今回は小さなフタの模様も可愛らしい箱に入ったままのカボションを見付ける事が出来ました。この様な模様が入っているタイプを別名:マトリックスとも言いますが、何とも言えない神秘的な模様です。何に使うか・・・なんて考えている暇もなく、ただただ目が合ってしまったので、連れて帰って来てしまった・・・と言う感じです。そして、宝石箱の様な箱を開けるたびに美しい姿に感動をしながらも、どんな風に表現しようかとイメージを膨らませています。
[PR]
# by soleil_beads | 2010-05-14 20:03 | Soleil Photo

ミモザの季節に・・・。

春になったら身に付けようと思って作った、手の甲でミモザをイメージした黄色いVintageが揺れて可愛らしいブレスレットです。
c0138664_19544388.jpg

[PR]
# by soleil_beads | 2010-04-10 19:40 | Collection

魅了された2輪の紫陽花

c0138664_182981.jpg
秋の柔らかい日差しを浴びて、深いワイン色と若いグリーンの紫陽花を道端で見つけました。梅雨のイメージしかない紫陽花がこの季節に見られるなんて。まるでブリザーブドフラワーの様な雰囲気と存在感に魅了され、思わず連れて帰って来てしまった2輪。アトリエの片隅で少しだけ冷たい初冬の風を受けながら、儚げに咲いています。
[PR]
# by soleil_beads | 2009-11-08 18:34 | Collection

*

c0138664_1184356.jpg
磨りガラスに心奪われて・・・。
なんとなく曖昧な色合いが好きです。
一見、無色で地味な存在ですが何かを引き立ててくれる優秀な存在は私にとって大事なアイテム。自分自身が心を無にして新しいものをデザインしたい気分の時に無色透明に手が伸びることが多い気が致します。
[PR]
# by soleil_beads | 2009-09-30 11:10 | Collection | Comments(0)